読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな一歩の積み重ね

2歳男児の母親しています。毎日少しずつでいいので前に進むための記録として、ブログを始めました。

欝々とした気持ちをだらだらと書きたいときもある

一歩です。

 

プレミアムフライデー、初日ですね。

地方のちっちゃな事務所に勤める一歩にとっては、普段と変わりのない、ただの月末金曜日です。今日も18時まで仕事です。

 

なにか書きたいなーと思いつつ、でもブログをまとめる時間もなく。

「ブログを書く暇があるなら資格の勉強をしろよ」と自分の中の優等生が呟き、でもその優等生は特に進んで勉強をしてくれるわけではなく、怠け虫がにょろにょろと顔を出す。

でも、ブログに書く内容なんて、特にないんです。

毎日、楽しく生きています。それだけです。

ただ、いろんな人のブログやらツイッターやらを見て、「私もここにいる!」と無性に叫びたくなる時があるんです。

 

離婚して息子とともに地元に帰ってきたとき、フェイスブックのアカウントを消しました。別れた旦那の名字でいるのは嫌だし、かといって名字を戻すときっといろんな人に「なんで?」とか「どうした?」とか聞かれるのが嫌で。

離婚したことを、人に知られたくないという意味ではないのです。

離婚したことは、事実。

結婚関係を継続できなかった。継続する努力ができなかった。根性もなかったし、元気もなかった。だから、結婚については私は落伍者で、劣っていたのです。

相手「も」悪かった。相手だけのせいにはできないと、反省もしています。そして、離婚という方法が、あの時のお互いにとっては、お互いを守るためのベストな方法であったのだと、今でも思っています。反省はしているけど、後悔はしていない。

いま、息子がたくさん言葉を発するようになって、コミュニケーションがとれるようになって、子育てが楽しいです。可愛い。息子本当にかわいい。

まだおしゃべりもできなかった子供に無関心だった旦那も、今の息子だったらもっと関わってくれたのかな。